緑内障の基礎知識や治療について

 

緑内障の特徴

スポンサード リンク

緑内障は、徐々に視野が狭くなり、やがて失明する可能性がある病気です。

そして緑内障増加の第一の理由が高齢化であり、年齢が上がるほど緑内障の有病率は高くなります。

また40歳以上の約6%以上に、緑内障の症状が見られることが明らかになっており、その8,9割の人々が緑内障に気づかずに生活しています。

さらにドライアイや眼精疲労の陰には、緑内障が隠れていることがあるため、眼精疲労が続く場合は緑内障の検査が必要です。

なお緑内障で視野欠損が起こるのは、加齢などで眼圧が高くなって、視神経が圧迫されて血流が悪くなり、神経細胞が変性するからです。

そして目の神経細胞が変性して、神経線維が集まる視神経乳頭の神経線維が欠損すると、その部分の見る機能が低下します。

つまり緑内障を未治療のまま放置すると、高い眼圧に圧迫されて目の神経細胞が変性・萎縮し、その拡大に伴って視野が狭くなっていくのです。

ページトップへ
Copyright © 2011 緑内障@ガイド. All rights reserved.