緑内障のタイプ

 

緑内障のタイプ

スポンサード リンク

緑内障にはいくつかのタイプがあり、原発閉塞隅角緑内障・原発開放隅角緑内障・正常眼圧緑内障・続発緑内障などがあります。

原発閉塞隅角緑内障は、房水の排出口である隅角が急に詰まって眼圧が高くなる緑内障で、急激な眼圧上昇に伴って激しい発作症状が現れ、強い眼痛と共に視力が低下し、頭痛・吐き気・嘔吐が起こります。

原発開放隅角緑内障は、房水の循環が悪くなって眼圧が高くなる緑内障で、自覚症状がないため徐々に視神経の障害が進み、視野欠損が広がります。

正常眼圧緑内障は、眼圧が正常範囲内なのに視野の欠損や視神経障害が起こる緑内障で、正常範囲の眼圧でも人によっては細胞や視神経が耐えられず、障害を受けると推測されています。

続発緑内障は、目の病気が原因で起こる緑内障で、多くは炎症や眼内腫瘍などによって隅角が狭くなり、眼圧が上昇して緑内障が起こります。


ページトップへ
Copyright © 2011 緑内障@ガイド. All rights reserved.