ドライアイ

 

ドライアイ

スポンサード リンク

ドライアイは目が乾く病気ですが、目が乾く自覚がなくても、ドライアイであることがしばしばあります。

そして、目が乾いた感じがする・目が疲れる・10秒以上目を開けられない・目が重い・白目の部分が赤い、等の症状のうち2つ以上該当する場合、ドライアイの可能性があります。

またドライアイで目が乾くのは、目の表面を循環している涙が不足しているからであり、ドライアイになると角膜や結膜が乾燥して傷つきやすくなり、ちょっとした刺激で炎症を起こしたりします。

さらにドライアイの患者がコンタクトレンズを装着している場合、角膜障害を起こしやすくなります。

そのうえ注意が必要なのが、目の疲れの原因がドライアイではなく、緑内障などの危険な病気の可能性もあることです。

そのため目を休ませても目の疲れが続く場合は、眼科を受診し、その原因を調べてもらうことが大切です。

なおドライアイの原因として、加齢による涙の分泌量の低下・まばたきの減少・空気の乾燥・タバコの煙・コンタクレンズの装着・結膜炎・パソコン作業などが挙げられます。


ページトップへ
Copyright © 2011 緑内障@ガイド. All rights reserved.