外科手術

 

外科手術

スポンサード リンク

線維柱帯の目詰まりが強く、レーザー線維柱帯形成術で十分改善できない開放隅角緑内障には、線維柱帯切開術や線維柱帯切除術を行います。

線維柱帯切開術は、目詰まりした線維柱帯を外科的に切開し、房水がスムーズにシュレム管に流れ込むようにする手術です。

ただし目詰まりがさらにひどく、線維柱帯を切開しても房水を十分排出できない場合には、線維柱帯切除術を行います。

そして線維柱帯切除術では、虹彩の根元の線維柱帯を切除し、強膜に穴を空けて房水に新しい排出口を作ります。

一方の閉塞隅角緑内障では、点眼薬や点滴注射で眼圧を下げてから、レーザー虹彩切開術が行われます。

しかし、虹彩による隅角の閉塞が長く続くと、虹彩の根元部分が線維柱帯と癒着することがあるので、その場合は隅角癒着解離術や線維柱帯切除術で癒着を剥がす必要があります。


ページトップへ
Copyright © 2011 緑内障@ガイド. All rights reserved.